Saturday, August 15, 2015

2〜4歳の幼児レッスン

多くの人は5歳以下の子供に英語を教えるのは時間の無駄とよく私に言います。
しかしこれは明らかに馬鹿げた話です。なぜなら3〜4歳の子供は既に自分の母語を取得しているからです。 
私のレッスンではシンプルな英語でコミュニケーションができる2歳の子供が何人かいます。
親はこの年齢でペラペラになるといったような奇跡を期待してはなりません。なぜならこの年齢のレッスンは言語をインプットするといったレッスンになるからです。しかし、何ヶ月かすれば子供たちは英語の単語を理解し使えるようになります。

お母さんと子供が一緒に参加する英語のレッスンクラスが鎌倉に何件かありますが、こういったレッスンはお母さん同士が互いに会ったり、新しい友達を作る場にしかならないような気がします。本当に効果的なのでしょうか?
小さい子供を教える時の一番大きな秘密は親になるべく早く教室から出てもらうことです。そうしないなら、子供たちは親に抱っこを求め、授業になりません。
私はよく親に最初の授業で5分間教室の外に出てもらうようにしています。これは子供たちがどう反応するかを見るため、更に何週間かに渡ってちょっとずつ親から離れる時間を長くするためです。
確かに子供たちは親から離れて最初は泣くこともありますが、シャボン玉を吹くと泣き止むことが多いです。
小さい子供でも活発に授業に参加しています。親もその結果に満足しています。

No comments:

Post a Comment