Saturday, September 19, 2015

タブーとされている言葉

英語の先生の中にはよく生徒が気になるタブーな言葉を生徒に教える人もいます。 私の中のルールは絶対に教えないことです。 それはそうした言葉が悪いとか、私が上品ぶるような人であるというわけではありません。 生徒はこうしたタブーな言葉を使う時に十分に注意をする必要があります。 一つの理由として、こうしたタブーな言葉がどれだけ強い影響力を発するか、そしてどういう人がそうした言葉にショックを受けるかを知らないからです。例えばそうした言葉を冗談で使うことがあるかもしれませんが、話している相手の人を傷つけることがあるかもしれません。 更に、こうした言葉を使うことによってどのようなグループ枠にいるかが周りからよく知られます。 人がこうした言葉を使う時は大抵自分がよく知っている人や同じグループサークルにいる人や同い年のグループの人です。 ですから、子供たちは親をショックにさせたり、怒らせたりしてしまいかねないので大抵大人の前ではタブーな言葉は使いませんし、大人も同じ理由で子供たちの前ではタブーな言葉を使いません。 英語を学ぶ生徒は”クールだから”とか”ファッショナブル”だからという理由だけでタブーな言葉を使うことによって自分を恥ずかしい状況に陥らせかねないので、気をつける必要があります。

No comments:

Post a Comment