Friday, October 2, 2015

多重知能

学校では、先生の前に座って静かに集中をして学ぶことが求められています。 これはみんな同じ学び方や同じペースで学ぶことを決め込んでいると思います。 多重知能の理論はそうではないことを証明します。 あなたのお子さんは授業に集中をし、英語や他の言語を他の教科よりも好きですか? そうであれば言語的知性を持っているかもしれませんので、今までどういう本を読んできたを聞いてその才能を伸ばすよう励ますことができるかもしれません。 もしかしたら、あなたのお子さんは身体運動感覚知性、つまりスポーツがとても好きでじっとしていなければいけないときに動いてしまうことがあるかもしれません。 多くの人は動いてる時の方がよく学ぶようです。これは人によって違うだけです。 もう一つは音楽的知性です。こういう子供はメロディーを誰よりも速く、簡単に覚えることができ、それをすぐに口笛で吹いたり、歌ったりするかもしれません。 もう一つは対人的知性。こういう知性を持つ子供は、他の人と接するのが好きで、思いやりがあり、問題を解決するために友達を援助しようとします。 このように、教えることや学ぶことはワンサイズではなく色々な方法があるということが分かります。学校は教える時に様々な知性を覆うような教え方が必要です。 Let's go!英会話の子供レッスンではこういう様々な知性を覆う教え方を行っております。歌ったり、アクティビティーを通して体を動かしたり、読んだり、対人関係の形成を通して英語を学びます。 結果、子供たちは英語を本当に楽しみながら学んでいます。そして最も重要なこととして、速いスピードで英語を取得します。

No comments:

Post a Comment