Saturday, October 24, 2015

Will と Going to の違い

私が感じることですが、私の生徒の多くは未来のことを話すときにwillとgoing toをどのように使い分けたら良いのか分からない人が多いようです。willを使うべき時にgoing to を使います。今日は簡単に使い分ける方法をお伝えいたします。
Going toは将来の計画をする時に使います。
例えば:I'm going to play tennis next Saturday if the weather is nice"
「土曜日天気が良かったらテニスをするつもりだ。」
この例えに出てくる人はすでに計画をしていることを話しています。

他の例えは、"I'm going to New York next week"
「来週ニューヨークに行くつもりだ」
ですから、going to は将来の計画について話す時に使います。

Going to のもう一つの使い方は現在ある証拠に基づいて将来のことを推論する時です。
難しいと思うかもしれませんがそんなことはありません。
例えば、"look at those clouds.It's going to rain.
「雲を見てみて、雨が降りそうだよ」
この例えを用いると、私たちは今雲を見ていて(現在)その証拠に基づいて、この後どうなるか(雨が降る)を知ることができます。

Willは話している時に決定したことを話す時に用います。
例えば:A: I'm thirsty(喉が渇いた)
              B: I'll make you a cup of tea(紅茶を作ってあげるよ)
この場合、話し手はいきなり紅茶を作ると言い出しました。計画はしていませんでした。
Willの他の使い方は、予定や何かを予想する時です。
The train will arrive at Tokyo station at 10 o'clock./10時に電車は東京駅に到着します(予定、時刻)
The sun will rise at 8 o'clock tomorrow morning./ 明日の朝太陽は8時に昇ります(予想) 

下記の文をwillとgoing to で使い分けてみてください。

1. They will buy/ They are going to buy a new car next week.
2. We are going to/ We will get married next year.
3. A:There's someone at the door.B: I'm going to get it / I'll get it.
4.It's going to be/ It will be spring soon.

これが助けになったら嬉しいです。 下記が回答です。

1.They are going to buy a new car next week.(将来の計画)
2. We are going to get married next year.(将来の計画)
3.A: Someone's at the door. B: I'll get it.(話している間に決定したこと)
4.It will be spring soon.(予想)



















No comments:

Post a Comment